子育て支援医療助成制度

2017年度に子どもの医療費助成を拡充した府内自治体は6となりました(京都府保険医協会調べ)。

「高校卒業まで」新たに広げたのが井手町と京丹後市、久御山町(入院のみ)。この年齢まで対象とするのは京丹波町、伊根町を合わせて6市町となっています。

厚生労働省が7月7日に公表した16年度の「乳幼児等に係る医療費の援助についての調査」結果によると、16年4月時点で全1741市区町村のうち通院を「中学卒業まで」対象とするのは前年から9増の1005( 58%)、「高校卒業まで」も109増の378( 22%)と、全体の80%となり、入院は90%に達しています。京都府の制度も中学卒業までを対象としており、これに各26市町村が上乗せするかたちで助成を行っています。

ただし通院の3歳以上は月3000円超額を償還払いとしているため、京都市は3歳以上で、亀岡市は小学生以上で、向日市・長岡京市・大山崎町・舞鶴市は中学生に月3000円までの負担があります。この9月から宇治市はこの部分を200円負担に、亀岡市は3人以上の子どもがいる世帯に限って200円負担にしました。

2017年9月1日現在

京都府市町村状況一覧

ページの先頭へ